がん検診の受診率は
ほぼ50%以下

検診と健診は違う


「うちの両親は健康診断(健診)を受けているから大丈夫」というのは間違いです。健診は病気のなりやすさを判定するためのもので、検診とは異なります。検診は特定の病気を発見するためのものです。

国が推奨するがん検診の種類には、
・子宮頸がん検診(20歳以上/2年に1回)
・肺がん検診(40歳以上/年に1回)
・大腸がん検診(40歳以上/年に1回)
・乳がん検診(40歳以上/2年に1回)
・胃がん検診(50歳以上/2年に1回)
があります。

がんを早期発見し、治る確率を上げるためには、がん検診を定期的に受診することがとても大切です。しかし日本での受診率は、残念なことに一部の検診を除いて50%以下となっています。がんによる死亡率を減らすためには、何より検診の受診率を高めることが必要です。

検診と健診は違う


「うちの両親は健康診断(健診)を受けているから大丈夫」というのは間違いです。健診は病気のなりやすさを判定するためのもので、検診とは異なります。検診は特定の病気を発見するためのものです。

国が推奨するがん検診の種類には、
・子宮頸がん検診(20歳以上/2年に1回)
・肺がん検診(40歳以上/年に1回)
・大腸がん検診(40歳以上/年に1回)
・乳がん検診(40歳以上/2年に1回)
・胃がん検診(50歳以上/2年に1回)
があります。

がんを早期発見し、治る確率を上げるためには、がん検診を定期的に受診することがとても大切です。しかし日本での受診率は、残念なことに一部の検診を除いて50%以下となっています。がんによる死亡率を減らすためには、何より検診の受診率を高めることが必要です。

がん進行のイメージ※

※がんの種類やタイプによっては、進行度が異なる場合もあります。

早期で発見できれば、
がんの約9割は治る


がんが増殖して1cm程度の塊になるまでに10年から20年かかるといわれています。つまり目立った症状がないまま、体の中でゆっくりとがんは進行している可能性があるということです。

検診で見つかる大きさになった頃には、進行のスピードは大幅にアップし1〜2年で2cm程度の大きさまでになってしまいます。この頃から自覚症状も現れてきます※。

がんは、早期に発見できれば約9割は治るといわれています。自覚症状がない段階で、いかに早くがんを見つけるかが重要です。

推奨される検診の受診年齢に該当するのに、検診に行っていない身近な大人には、その大切さを伝え、検診に行くことを勧めることが必要かもしれません。

「がん」と診断されると、その日から病気が始まったかのように感じて、1日も早く手術で取り除きたい気持ちになるものです。しかし実際には発見までに長い年月かけて増殖したものです。決して焦ったり慌てたりする必要はありません。一方で、きれいに取り除いたとしても、再発予防のための全身治療が必要になることも覚えておいてください。

早期で発見できれば、
がんの約9割は治る


がんが増殖して1cm程度の塊になるまでに10年から20年かかるといわれています。つまり目立った症状がないまま、体の中でゆっくりとがんは進行している可能性があるということです。

検診で見つかる大きさになった頃には、進行のスピードは大幅にアップし1〜2年で2cm程度の大きさまでになってしまいます。この頃から自覚症状も現れてきます※。

がんは、早期に発見できれば約9割は治るといわれています。自覚症状がない段階で、いかに早くがんを見つけるかが重要です。

推奨される検診の受診年齢に該当するのに、検診に行っていない身近な大人には、その大切さを伝え、検診に行くことを勧めることが必要かもしれません。

「がん」と診断されると、その日から病気が始まったかのように感じて、1日も早く手術で取り除きたい気持ちになるものです。しかし実際には発見までに長い年月かけて増殖したものです。決して焦ったり慌てたりする必要はありません。一方で、きれいに取り除いたとしても、再発予防のための全身治療が必要になることも覚えておいてください。

がん進行のイメージ※

※がんの種類やタイプによっては、進行度が異なる場合もあります。