肝臓がんってなに?

肝臓がん

どんながん?


肝臓は、胃の右側にある最大の臓器で、栄養を貯めたり、有害な物質を排出したり、消化に必要な胆汁をつくりだします。

肝臓がんは、B型肝炎やC型肝炎などのウィルス感染が原因のものや、肝硬変や脂肪肝から引き起こされるものもあります。B型肝炎はワクチン接種で予防ができるがんで、2016年10月からは定期接種になっています(0歳児対象)。C型肝炎は治療に対して医療費助成制度があります。

ウィルス以外の要因では多量飲酒や喫煙、肥満などの生活習慣によることが知られています。肝臓は障害があっても自覚症状が出にくいため「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

どうやって見つける?
症状は?


炎症やがんがあっても初期症状はほとんどありません。進行すると、腹部のしこりや圧迫感、痛みなどを感じ、さらに進行すると、腹水やむくみ、黄疸おうだんなどの症状が現れます。

症状が出にくいため、ほかの病気の検査でたまたま見つかることも少なくありません。健康診断などで肝機能の異常や肝炎ウイルスの感染を指摘された人は、定期的に受診するようにしましょう。

どんな治療を受けるの?


治療法は、がんの大きさ、個数、転移などの進行具合(ステージ)によって決まります。

主な方法には、肝臓の一部を切除する「手術」、ラジオ波によってがん細胞を焼く「焼灼療法しょうしゃくりょうほう」、がんに栄養を送る血管に抗がん薬とゼラチン粒状の物質を入れ、がんを攻撃し、同時に血流を詰まらせがんを死滅させる「肝動脈化学塞栓そくせん療法」などがあります。肝臓以外の臓器にがんが転移している場合は、「薬物療法」や「肝移植」、「放射線治療」がおこなわれます。

ここが大切


・B型肝炎はワクチン接種で予防ができる。

・健康診断などで肝機能の異常を指摘された人は、定期的な受診や精密検査を受けましょう。

どんながん?


肝臓は、胃の右側にある最大の臓器で、栄養を貯めたり、有害な物質を排出したり、消化に必要な胆汁をつくりだします。

肝臓がんは、B型肝炎やC型肝炎などのウィルス感染が原因のものや、肝硬変や脂肪肝から引き起こされるものもあります。B型肝炎はワクチン接種で予防ができるがんで、2016年10月からは定期接種になっています(0歳児対象)。C型肝炎は治療に対して医療費助成制度があります。

ウィルス以外の要因では多量飲酒や喫煙、肥満などの生活習慣によることが知られています。肝臓は障害があっても自覚症状が出にくいため「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

どうやって見つける?
症状は?


炎症やがんがあっても初期症状はほとんどありません。進行すると、腹部のしこりや圧迫感、痛みなどを感じ、さらに進行すると、腹水やむくみ、黄疸おうだんなどの症状が現れます。

症状が出にくいため、ほかの病気の検査でたまたま見つかることも少なくありません。健康診断などで肝機能の異常や肝炎ウイルスの感染を指摘された人は、定期的に受診するようにしましょう。

どんな治療を受けるの?


治療法は、がんの大きさ、個数、転移などの進行具合(ステージ)によって決まります。

主な方法には、肝臓の一部を切除する「手術」、ラジオ波によってがん細胞を焼く「焼灼療法しょうしゃくりょうほう」、がんに栄養を送る血管に抗がん薬とゼラチン粒状の物質を入れ、がんを攻撃し、同時に血流を詰まらせがんを死滅させる「肝動脈化学塞栓そくせん療法」などがあります。肝臓以外の臓器にがんが転移している場合は、「薬物療法」や「肝移植」、「放射線治療」がおこなわれます。

ここが大切


・B型肝炎はワクチン接種で予防ができる。

・健康診断などで肝機能の異常を指摘された人は、定期的な受診や精密検査を受けましょう。
サイト監修:がん研究会有明病院

がんはどこにできるの?

監修:がん研究会有明病院