がんって、何?

人間の体は
30兆個の
細胞でできている


人間の体は細胞の集合体です。同じ細胞が集まり組織をつくり、組織が集まり目や耳、皮膚や筋肉、骨、心臓、肺、腸などの多くの器官をつくり、器官が集まって人間を形づくっています。それらのすべての細胞を合わせると、その数はおよそ30兆個。

通常であれば、それぞれの組織の大きさや細胞の数はコントロールされていますが、時おり、細胞が過剰に増殖してかたまりをつくることがあります。これが「腫瘍」です。腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があり、この悪性腫瘍が「がん」です。

この2つの大きな違いは、細胞の増殖の仕方。悪性腫瘍=がんは、不規則に増殖しながら周囲にしみ出るように広がったり(浸潤しんじゅん)、体のあちこちに飛び火して新しいかたまりをつくったり(転移)します。一方良性腫瘍は、周りの組織を押しのけるようにしてゆっくり増えていくのが特徴です。

人間の体は
30兆個の
細胞でできている


人間の体は細胞の集合体です。同じ細胞が集まり組織をつくり、組織が集まり目や耳、皮膚や筋肉、骨、心臓、肺、腸などの多くの器官をつくり、器官が集まって人間を形づくっています。それらのすべての細胞を合わせると、その数はおよそ30兆個。

通常であれば、それぞれの組織の大きさや細胞の数はコントロールされていますが、時おり、細胞が過剰に増殖してかたまりをつくることがあります。これが「腫瘍」です。腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があり、この悪性腫瘍が「がん」です。

この2つの大きな違いは、細胞の増殖の仕方。悪性腫瘍=がんは、不規則に増殖しながら周囲にしみ出るように広がったり(浸潤しんじゅん)、体のあちこちに飛び火して新しいかたまりをつくったり(転移)します。一方良性腫瘍は、周りの組織を押しのけるようにしてゆっくり増えていくのが特徴です。

誰でもがんになる
可能性がある


では、どこからがん細胞は来るのでしょうか? 私たちの体の細胞は、毎日分裂し、新しくなっています。このとき、正常な細胞の遺伝子が何らかの原因で傷ついてしまうと、複製エラーを起こし異常な細胞ができてしまいます。これが「がん細胞」です。

実は健康な人でも、毎日がん細胞が多数発生しています。体に免疫機能が備わっていれば、がん細胞を消滅させることができますが、この機能がうまく働かなくなると、がん細胞が増殖し、やがて命をおびやかすことに。中にはしこりができてがんに気がつくことも。がん細胞は毎日発生しており、誰でもがんになる可能性があるのです。

誰でもがんになる
可能性がある


では、どこからがん細胞は来るのでしょうか? 私たちの体の細胞は、毎日分裂し、新しくなっています。このとき、正常な細胞の遺伝子が何らかの原因で傷ついてしまうと、複製エラーを起こし異常な細胞ができてしまいます。これが「がん細胞」です。

実は健康な人でも、毎日がん細胞が多数発生しています。体に免疫機能が備わっていれば、がん細胞を消滅させることができますが、この機能がうまく働かなくなると、がん細胞が増殖し、やがて命をおびやかすことに。中にはしこりができてがんに気がつくことも。がん細胞は毎日発生しており、誰でもがんになる可能性があるのです。

わかりやすく動画で解説!

わかりやすく動画で解説!

動画提供:「乳がん大事典」【BC Tube編集部】