前立腺がんってなに?

前立腺がん

どんながん?


前立腺は、男性の膀胱の下にあり、精液の成分となって精子の働きを助ける前立腺液を分泌します。

前立腺がんは、前立腺の細胞が際限なく増えてしまうことで発生します。初期症状はほとんどなく、多くの場合比較的ゆっくり進行します。日本の前立腺がんの患者数は年々増加傾向にあります。

一般的には50歳以上に多く、特に60歳を過ぎると増えていきます。

どうやって見つける?
症状は?


早期の前立腺がんは、自覚症状がほとんどありません。病気がすすむと、排尿のしにくさや回数が増えたり、血尿や腰痛などがみられます。

尿の切れが悪い、夜間にトイレに立つ回数が多いなど高齢に伴い増える良性の病気「前立腺肥大症」の症状と似ており、同時に起こる可能性もあります。

早期発見のためにも、症状を感じたら泌尿器科の受診を。50歳を過ぎたらたんぱく質の一種であるPSAの値を血液検査で調べることで、前立腺がんの可能性を知ることができます。

どんな治療を受けるの?


主な治療法は、経過観察をおこないながら過剰な治療をしない「監視療法」、前立腺と精のうを摘出し膀胱と尿道をつなぐ「前立腺全摘除術」、放射線をあててがん細胞を死滅させたり小さくする「放射線治療」、男性ホルモンのアンドロゲンの分泌や働きを妨げる薬でがんを抑える「ホルモン療法」、薬でがんを小さくする「化学療法」です。

がんの進行具合(ステージ)や体の状態、年齢などに合わせて、これらから治療法を選択します。

ここが大切


・高齢の男性に多いがん。前立腺がんになった家族がいると、がんのリスクが上がる。

・50歳を過ぎたらPSA検査を受ける

・気になる症状があれば、迷わず病院に。

どんながん?


前立腺は、男性の膀胱の下にあり、精液の成分となって精子の働きを助ける前立腺液を分泌します。

前立腺がんは、前立腺の細胞が際限なく増えてしまうことで発生します。初期症状はほとんどなく、多くの場合比較的ゆっくり進行します。日本の前立腺がんの患者数は年々増加傾向にあります。

一般的には50歳以上に多く、特に60歳を過ぎると増えていきます。

どうやって見つける?
症状は?


早期の前立腺がんは、自覚症状がほとんどありません。病気がすすむと、排尿のしにくさや回数が増えたり、血尿や腰痛などがみられます。

尿の切れが悪い、夜間にトイレに立つ回数が多いなど高齢に伴い増える良性の病気「前立腺肥大症」の症状と似ており、同時に起こる可能性もあります。

早期発見のためにも、症状を感じたら泌尿器科の受診を。50歳を過ぎたらたんぱく質の一種であるPSAの値を血液検査で調べることで、前立腺がんの可能性を知ることができます。

どんな治療を受けるの?


主な治療法は、経過観察をおこないながら過剰な治療をしない「監視療法」、前立腺と精のうを摘出し膀胱と尿道をつなぐ「前立腺全摘除術」、放射線をあててがん細胞を死滅させたり小さくする「放射線治療」、男性ホルモンのアンドロゲンの分泌や働きを妨げる薬でがんを抑える「ホルモン療法」、薬でがんを小さくする「化学療法」です。

がんの進行具合(ステージ)や体の状態、年齢などに合わせて、これらから治療法を選択します。

ここが大切


・高齢の男性に多いがん。前立腺がんになった家族がいると、がんのリスクが上がる。

・50歳を過ぎたらPSA検査を受ける

・気になる症状があれば、迷わず病院に。
監修:がん研究会有明病院

がんはどこにできるの?

監修:がん研究会有明病院